purucat’s blog

寿司よ止まれっ!

Google Home miniを買った

購入の背景

  • メルカリの予算があった <- 主にこれ?
  • Googleはその使用感から基本的にはすごい腕の良いプログラマがいることが分かるサービスを提供しているので、コスパも良い筈
  • 機能の評価
  • 仕事での関連機器 <- 主にこれ?

である。

使用前の所見

すでにAndroidを所有していたので、Google Homeが何者であるかは知っていたが、 そこまでは期待していなかった。 あればちょっと便利かなというくらいの印象だ。

多言語に興味があった私としては、瞬時に音声翻訳してくれれば、リスニング力を中心に勉強になると思っていた。 *1リスニング苦手だし。

使用後の所見

セットアップ

  • スマホGoogle Homeが同じwifi networkにあれば設定できる。
  • 設定中にstackした。
    • 意外としょぼい?と思ったが、スマホは英語環境なのだが、Google Homeは日本語版だったのが原因の気配。これさえ取り除けば非常に簡単にセットアップができる。

セットアップ後

  • アカウントを複数作り、wake up wordを英語と、日本語で設定しようとしたが無理の模様
    • スマホを複数台もてば可能なのかも? (google home miniをもう一台買えば可能なのは確かだが、、、、そこまで必要性ないしな。)
  • 自分の携帯を、着信させる形で探せることができる。 <ー微妙に便利かも

総評

  • すごいなー

この一言に尽きる。 (世の中、AIとか騒いでいるが、かなりの泥臭い作業とルールベースの作り込みを実際やっている。Googleがどこまでルールベースでやっているかは興味深い。)

ただし、継続利用としては、毎日音楽かけるのと消すのにしか使ってない orz

*1:最近の音声合成技術の進化のおかげで、非常に良い発音をしてくれる。

非常食を整理した

背景

引っ越しの際の荷物整理の一環として、非常食の状態を確認、整理した。

案の定、賞味期限は2から6年ほど切れていた。 だいたいのものは酸化していておいしくなく、健康に悪そうであったが、 まだまだいけそうなものもあった。

食べてみた

「もったいない」ので食べてみた。期限が切れていても、非常時に食べられるかをテストする観点もある。 これで体を壊したら、「もったいない」ってなんなのよと思いながら、、、 貧乏性はつらい、、、

品目名 種別 製造 期限 食べてみての感想
鉄+コラーゲン ウェハース ハマダコンフェクト 2012/10/07 一枚はいけた。ウェハースが薄く、砂糖が多いからか思ったより酸化していない。 2枚目以降は諦めた。
麺職人 カップ麺 日清食品 2012年くらい 麺の色が変わっている。お湯も必要だし、カップ麺は保存に向かない。
麺づくり カップ麺 東洋水産 2012年くらい 同上
アキモトのおいしい備蓄食 缶入りソフトパン ストロベリー味 乾パン パン・アキモト 2014/08 缶に入っていたとは信じられないくらい、臭みもなく、若干ぱさつくけれどもモフ☆モフしていておいしい。近くのコンビニで買ってきたかと思えるレベル。
For NATURAL DISASTER KANPAN 乾パン 北陸製菓 2016/08/12 ビスケット状。臭みもない。ショートニングが使われているようなので油の変質が危惧されたが問題なし。
みかん 缶詰 缶切り不要タイプがアダとなったのか、変質で膨張したのか、、蓋があいて異臭を放っていた
パイナップル  缶詰 2014くらい? 缶切りが必要なタイプ。鉄臭かったが、非常時には食べられる。
個別包装の飴はエネルギーになりそうだし保存しておいた。ベトベトなのは見て取れるし、飴は好きでないので食べてない、、、

ちなみに、2年ほど消費期限が切れているボトル入り水があるのだが、これも試すべきだろう、、、

総評

乾パン最強。 早速買いだめしよう、、、

f:id:purucat:20180514152710j:plain:w300
KANPAN

健康貯筋

会社まで、歩いて行っても3.5kmくらいのようなので、健康のために徒歩通勤を検討している、、、 片道6000歩ぐらいのようだ。

http://www.health-net.or.jp/tyousa/tyokin/image/p_susume_01.jpg

お金は借りることができますが、筋肉は借りることができません。自分で貯めておくしかないのです。そして筋肉を貯める唯一の方法は、『使うこと』なのです。

この一節、いい。

お寿司が止まる前に自分が止まらないように

京都から東京へ転居した

住所 家賃 共益費 敷金 礼金 専有面積 築年数 通勤時間
京都中京区 4.7万 0.5万 0 0 26 m2 29年 徒歩で、door-to-doorで10分もあれば余裕
東京新宿区 8.4万 0.3万 8.4万 8.4万 24.38 m2 9年 徒歩と電車で, door-to-doorで40分?

共益費込みで7.5万くらいのを探していたが、難しかった。

WiMaxは1.5倍速位にはなってそう。

家と家の間隔が狭いとか、人と人との距離が近いとか、お店の商品が文字通りすし詰めとか、慣れるかなぁ、、、

職歴(三社目):株式会社マイクロアド

こんにちは。

ソフトウェアエンジニア、兼、にわかブロガーのid:purucatです。

社内ブログの執筆依頼が来たので、これを機にブログを始めてみました。

 

社会人歴6年ほどで、現職で3社目です。趣味で始めたC言語での数値計算から始まったこともあり、low layerのプログラミングに興味はありました。けれども、ソフトウェアエンジニアとしての労働環境の快適さを求めていたら、いつの間にか「Web系エンジニア」になっていました。

 

今は株式会社マイクロアド のシステム開発部で、サーバサイドの仕事をしております。入社以来ずっとマイクロアドの京都オフィスで働いております*1。会社まではdoor-to-door で徒歩10分の所に住んでます。

f:id:purucat:20180420171337p:plain

東京オフィスとは違い、いい椅子といい机がある(かもしれません?)。

 

マイクロアドはWebに広告を出したい方と、広告を貼る場所を提供してくださる方の間を取り持っている会社です。

下記が、私がマイクロアドでしてきた仕事の概要です。

開始時期 概要 背景
2015年10月 
  • DSPという広告配信サーバーの保守や機能追加。
  • Cookie mapping*2
  • 一個人がもつ複数のPCや携帯端末のマッピングをする機能を作成。
  • この時まではDSPの開発は京都が中心でした。

    *3

 2017年4月
  • 社内のソフトウェア的課題を探して解決。
  • 東京チームのコードをレビュー。
  • アーキテクト。
  •  会社の開発体制が変わり、京都中心で開発していたDSPを、東京チームが引き継ぐ形になりました。(Hangout等でリモートミーティングをしていたとはいえ、コミュニケーションコストが大きいのが理由と聞いております。仕様の詳細を文章でまとめて伝えるのは大変ですし、営業との距離が遠すぎるのも課題であったので適切な判断だったとは思います*4
 2017年8月
  • DSPで利用しているデモグラフィクス推定機能のリプレース候補版を、Python3でscratchから作成しました。
  •  コードを書きたかったので取り組みました。
  •  意外と良さげな推定精度が出たから良かったです。うまくいかなかった時を想像すると、実験的な仕事は周りの理解がないと辛めだと感じました。
  • Scalaを忘れました。Scala愛だけが残りました。君を忘れない。
  • なんちゃってPythonianになりました。
 2017年12月
  • モグラ推定機能をプロダクション環境(Hadoop)に組み込みました。
  • プロダクション環境では、組み込み完了と思った後で、想定外のデータの入力が来てることが判明したりなど、既存アーキテクトをきれいに保つのに苦戦しました。
  • 置き換え前の物よりも、推定の安定性、推定の処理速度、精度、利用する際の柔軟性等を向上させました。

上に挙げた他にも、バッチの修正やコードのリファクタ、プロダクション環境の問題調査など、細かいことも色々やりました(出来合いのものをちょっと修正するだけの仕事はつまらなかったですが)。

企画以外のことなら幅広く、実装詳細設計からコーディング、テスト、プロダクションサーバーへのリリース迄、幅広いフェーズのことを経験できました。

 

( ´ー`)フゥー...ブログって大変ですね、、、

*1: 京都リサーチパーク -イノベーションが生まれる「まち」 の区画にあるビルの貸オフィス

*2:自社ドメインのクッキーと他社ドメインのクッキーを紐付ける操作

*3:http://gihyo.jp/dev/serial/01/microad/0001?page=1

*4:京都はソフトウェアエンジニアしかいません。